兎の真似をする烏

全力で"楽"である為に・人生が"面白く"ある為に

現金出納帳取込作成

ざっくりな機能説明

Excelで作成した現金出納帳を読み込み、財務会計R4に取り込み可能な形式のCSVファイルを作成する。
これを実現させるにあたり、更に機能を細分化し、何が必要なのかを考えてみる。

科目情報取込

財務会計R4に登録されている科目一覧を取り込む。 科目情報については、財務会計R4の機能にてCSV形式で取り出すことが出来るのでそれを利用する。
取り出したCSVの情報をそっくりそのままDBへ取り込むようにする。

crowrabbit.hatenablog.com

科目選択

科目情報取込でDBへ登録した情報の一覧を出力する。
ユーザはその出力された科目の中から指定した情報を選択することができる。
ユーザが選択した情報を呼び出し元へ戻して登録を行う。

要はユーザに変な科目情報を登録させない為の機能。

科目数が多くなるため、コードや科目名での検索機能があればより良いと考える。

crowrabbit.hatenablog.com

現金出納帳-取込設定

現金出納帳を取り込む上で最低限必要な設定を行う。
基本的なものとしては以下のものを考える。

現金科目設定

  • 必須項目
  • 現金科目コードをユーザが任意の数値に変更している可能性を考慮

不明科目設定

  • 必須項目
  • Excelに記載された科目がDB内に無い場合に設定する科目
  • 「仮払金」や「仮受金」あたりが設定される想定

不明科目設定 - 付箋有無

  • 不明科目となる箇所に付箋を付けるかの設定を行う

現金出納帳情報

  • 必須項目
  • Excelに設定された以下の5項目の設定をしてもらう
    1. 日付
    2. 科目
    3. 入金
    4. 出勤
    5. 適用

現金出納帳取込

現金出納帳-取込設定の内容を元に、Excelで作成された現金出納帳を取り込む。
取込前にユーザに指定してもらう情報と、出力結果のCSVの情報については以下の通り。

EXCELファイル - 現金出納帳

現金出納帳の情報が記載されたExcelファイルを指定してもらう。
「参照」ボタンからファイルを選ぶようにする。

対象シート

EXCELファイルで選択されたファイルのどのシートが対象となるかを選択してもらう。

ファイル保存先

CSVファイルの出力先や、ファイル名を指定してもらう。

出力期間

現金出納帳が複数年・複数月に跨り登録されていることを考慮し、CSVファイルへ出力する期間を指定できるようにする。
指定がない場合は全期間を対象としたらいいかなと思う。

出力結果CSVファイル

出力されるCSVファイルは以下のような形式であれば財務会計R4で取込可能となる。

No. 項目名 必須 桁数 備考
01 月種別 1 0:通常 / 1:第1四半期 / 2:第2四半期 / 3:第3四半期 / 4:期末
02 種別 1 0:通常 / S:先行
03 形式 1 1:入金 / 2:出勤 / 3:振替 / 4:単一 / 5:帳簿
04 作成方法 1 0:手入力 / 1:自動作成 / 2:残高合併 / 3:伝票合併
05 付箋 1 1:赤(縦) / 2:青(縦) / 3:緑(縦) / 4:黄(縦) / 5:桃(縦) / A:赤(横) / B:青(横) / C:緑(横) / D:黄(横) / E:桃(横)
06 伝票日付 8
07 伝票番号 6 最大6桁の数字
08 伝票適用 40
09 枝番 3 1~999の数字
10 借方部門 6
11 借方部門名 30
12 借方科目 6
13 借方科目名 24
14 借方補助 6
15 借方補助科目名 24
16 借方金額 12 最大12桁の数字(マイナス可)
17 借方消費税コード 2 「消費税区分コード」の「応援用コード」
18 借方消費税業種 1 「消費税業種」の「業種
19 借方消費税区分 「消費税区分変換」の「Ai」の「コード」
20 借方消費税フラグ 0:その他 / 1:税込 / 2:税抜
21 借方消費税税率 2 「消費税率」の「税率」(「.0」省略可)
22 借方資金区分 2
23 借方任意項目1 10
24 借方工事 10 借方任意項目1へセット
25 借方任意項目2 10
26 借方工種 10 借方任意項目2へセット
27 貸方部門 6
28 貸方部門名 30
29 貸方科目 6
30 貸方科目名 24
31 貸方補助 6
32 貸方補助科目名 24
33 貸方金額 12 最大12桁の数字(マイナス可)
34 貸方消費税コード 2 「消費税区分コード」の「応援用コード」
35 貸方消費税業種 1 「消費税業種」の「業種
36 貸方消費税区分 「消費税区分変換」の「Ai」の「コード」
37 貸方消費税フラグ 0:その他 / 1:税込 / 2:税抜
38 貸方消費税税率 2 「消費税率」の「税率」(「.0」省略可)
39 貸方資金区分 2
40 貸方任意項目1 10
41 貸方工事 10 貸方任意項目1へセット
42 貸方任意項目2 10
43 貸方工種 10 貸方任意項目2へセット
44 行適用 96
45 期日 8 YYYMMDD
46 証番号 10
47 入力マシン 20 表示されます
48 入力ユーザ 40 設定されていない場合は「取込を実行したユーザー」
49 入力アプリ 30 設定されていない場合は「取込条件で設定されている名称」「起動アプリケーション名」
50 入力会社 40 設定されていない場合は「起動会社名」
51 入力日付 8 YYYYMMDD

基本的には必須項目のみを埋める形で出力するようにする。